コールハーン

コールハーンとは?

【コールハーンとは?】

 

「コールハーン」と聞いて、すぐにそれが何かわかるようであれば、
かなりファッションブランドに詳しいと言えるでしょう。

 

「コールハーン」とはアメリカの靴のブランドのことです。

 

 

 

 

 

【コールハーンの歴史】

 

靴のブランドは世界中に数多くあり、その中でもアメリカで始められ、
100年以上もの歴史がある名だたる靴のブランドは、
アイリッシュセッターやジョンストン&マーフィーなどが上げられます。

 

 

コールハーンも100年の歴史とまではいきませんが、
上記の名だたる靴のブランドに負けず劣らずの靴を作り続けていて、
全世界にコールハーンのファンがいることも伺えます。

 

 

 

そのコールハーンは1928年にアメリカのシカゴで創業されました。

 

ブランド名には自分の名前を冠したものが数多く存在しますが、
コールハーンのブランドも創業者はコールハーン氏です。
ただ、一人のコーンハーン氏ではなく、
二人のコーンハーン氏の名前を組み合わせたブランド名となっています。

 

一人はラフトン・コール(Trafton Cole)、
もう一人はエディ・ハーン(Eddie Haan)であり、
この二人は兄弟でその苗字からブランドが名付けられました。

 

 

創業当初は紳士靴のみを製造・販売していましたが、
その後、レディース向けも手がけるようになり、
徐々にバッグなどやアクセサリーなども手がけるようになりました。

 

 

現在はナイキ(NIKE)の子会社となり、
ナイキシューズとコラボレーションしたシューズなども人気を博しています☆

コールハーンの靴

【コールハーンの靴】

 

コールハーンのブランドは当初、紳士靴から始まりました。
革製の紳士靴を作り続け、しだいにラインを拡大していきました。

 

 

コールハーンの紳士靴の種類は意外に少なく、
スリップオン、チャッカ(ブーツ)、オックスフォードなどがあり、
さらにナイキとのコラボレーションによって作られた、
ナイキエアというラインまであります。

 

 

コールハーンの紳士靴は全体的に、
スポーティタイプのものが多い傾向にあります。

 

そのため、通勤で徒歩が多いとか外回りが多い、
というサラリーマンには特に重宝される靴であると言えるでしょう。

 

 

特にその傾向が強いのは「ナイキエア」シリーズと言えます。

 

このナイキエアの大きな特徴は、
靴のアッパー部分とソール部分の素材やデザインに、
大きな相違があるという点です。

 

 

どんな靴でもソールとアッパーは異なる場合が多いのですが、
そのデザインがアッパー部分はスーツとコーデする感じの革靴になっています。

 

ソールの部分がスニーカーのようにランニングにも耐えられる
素材とデザインになっている、というところです。

 

 

上から見るとスーツ仕様の革靴に見えるため、
このナイキエアの靴を履いて通勤しても上司の目を気にすることなく、
軽快で快適な仕事環境が得られることは間違いありません。

 

 

 

コールハーンの靴の価格ですが、
ブランド靴というだけあり、2〜3万円が最多価格帯です☆

コールハーンのブーツ


Sponsored Link



Ads by Sitemix